看護師の育児休暇を解説!給料は?復帰時期は?

 

看護師の場合では女性がメインとして仕事をしていることが多いために、多くの病院で勤務している看護師にとっては、後に子供が生まれる可能性があることになります。特に新卒として病院に勤務しているような若い世代の方であれば、後に結婚をして子供を出産するということは珍しいことではありません。

 

現在では看護師だけではなく、多くの会社で育児休暇の制度を設けていることが一般的です。看護師の場合では女性が多いことで、以前から育児休暇の制度をしっかりと整備している施設も多く、問題なく利用することができます。子供を出産する際には、最初は産休という形式をとることも一般的です。生まれる予定日の6週間前から取得でき、出産後は8週間の間が認められている内容です。産休中の給料に関しては明確化されていないケースが多く、就業場所によって取り決めが異なることも実情です。主産後に関しては子供が1歳になるまでの期間を休むことができ、この期間を一般的に育児休暇と呼ぶことになります。育児休暇も現在では認知されることが多く、看護師でも例外ではありません。

 

休暇中の給料に関しては、勤務先の規定によるものですが、多くの施設で無給として設定していることが多い傾向にあります。しかし、この場合では生活上として不利益を感じてしまうことになり、その代わりとして健康保険から一時金が支払われることが決められています。同じように出産手当金というものも支払われることになり、雇用保険からは主産前に得ていた給料の2分の1を2ヶ月に1度に2ヶ月分が支払われることが基本です。その結果として看護師の方の場合でも生活をするための最低賃金を得ることは不可能ではなく、病院によっては別途手当てなどを支給していることもあるので、事前にチェックをしておくことで安心できます。
ママさんナース4
一般的には子供が1歳になるまで休職することができますが、復帰時期に関しては出産後に半年が経過している場合ではいつでも自由意思によって復職することが可能です。その際には出産前と比べて業務上の立場など何かしらの不利益が起きてはならない法律が用意されているので、役職などが付いていた方のケースでも、そのまま復帰することが可能です。一時金や給付金に関しては、申請しなければ得ることができないシステムになり、そのタイミングについてもそれぞれが異なることになります。多くのケースで育児休暇の間は無給になることが一般的なので、忘れずに申請を行うことが大切です。必見!?ママさんナースに人気の職場ランキング